正藍染手刺極上剣道着 武州一


   

−総手刺し剣道着− 武州一

2枚の薄布を重ね合わせ、一針一針刺し子をしていきます。装飾としてではなく布に仕上げるための刺し子は高度なテクニックと気の遠くなるような労力が必要とされます。
布の補強に端を発する刺し子ですが、布全体に施す場合には全体のバランスを確保しながら均一の細やかさとしなやかさを追求しなければなりません。目印など一切引かず、カンと経験だけが頼りの驚異的な技術なのです。熟練した技と手仕事のぬくもりが手刺し剣道着の真骨頂です。この最高の技に最高の糸と最高の仕立てが相まって総手刺し剣道着の価値は醸成されます。

ぜひとも、武州一の総手刺し剣道着をお試し下さいませ。

有段者から師範の方まで必ずご満足いただけます。試合、昇段審査、お祝い等の際にお使いください。

こちらの商品はご注文いただきましてから製作を開始させていただいております。

お見積りご希望の際には身長、体重、胸囲、ウエスト、裄丈、着丈をメールorお電話にてお知らせください。
お支払い方法、納期等ご確認後、製作開始させていただきます。

誠に恐れ入りますが諸事情により画像の掲載はございませんが品質に間違いはございません。ご興味のあられる方はお気軽にお申し付けください。

この製品は、糸の状態で藍染めした「先染め織物」を使用しております。先染め織物は色移りが少なく、洗濯しても色あせしにくいのが特徴です。

剣道着「武州一」 厳しい稽古に耐えうる丈夫さは、先染めの正藍生地にのみ求められるものです。使い込むほどに品格ある、味わい深い色にかわっていきます。その良さは、天然発酵建てならではのものです。細かい部分の補強も怠りません。立ち姿が美しく映える「武州一」の剣道着、是非お試しください。オクミ付等の別注品承ります。お気軽にお問い合わせください。

Bushu-ProcessBushu Process は、野川染織工業(株)の天然発酵建て藍染工程を経た製品のみにつけられます。藍の生命力と職人の愛情が生み出す藍染め。それは薄い藍から濃い藍へと何十もの工程をへて染め上げられます。使い込むほどに深い味わいが出てくる藍染めの魅力、ぜひご堪能ください。
・ 販売価格
オープン価格
サイズ選び、ネーム入れに関する注意点
■剣道着・剣道袴・居合道着・居合道袴のサイズ選びに関しまして
ブランド毎、商品毎にサイズは異なりますので、必ずこちらをご参照の上ご注文ください。
剣道着・居合道着のサイズ一覧はこちら
剣道袴・居合道袴のサイズ一覧はこちら

■ネーム入れに関しまして

剣道着、剣道袴、竹刀袋、防具袋、居合道着、居合道袴に
ネームを入れる場合は下記リンクをご参照の上、ご注文ください。
ネーム入れの見本はこちら